<< BACK

NEXT >>

EMPORIO ARMANI

2013 / Omotesando, Tokyo

Designed by Giorgio Armani(Milan), Studio Kappa(Tokyo)

エンポリオアルマーニ(オーク表参道)でスクリューフォースエンジン(自動ドアエンジン)が採用されました。ショップとカフェの間仕切りとして、お買い上げ頂いた商品を抱えたお客様が通過するので、手で開ける通常のドアではなく自動ドアにしたいという要望が出されました。

ところが従来のベルト式自動ドアにはドアサイズ比1:4という法則があり、ドア幅を1とするとドア高は4が限度という制約があり、国内で対応できる自動ドアメーカーがありませんでした。この比率を超えるとバランスが悪くなりドアの開閉ができません。

今回、ドアサイズ比は1:4以上あり、1:6.4(幅500×高さ3200mm)という幅が狭く天井高がある細長いドアでしたが、直動システムの採用によりこの問題をクリアし、スクリューフォースエンジンを天井内部に取り付けることによって吊り下げ式バリアフリー自動ドアを実現しました。従来のベルト式自動ドアのような床面のドアポケットはこの対応によりアルマーニ関係者に大変喜んで頂きました。

Screw Force Engine (automatic door's engine) has been adopted by Emporio Armani at Oak Omotesando in Tokyo.

As partition between the shops and cafes, a desire to automatic door instead of the usual door to open by hand because customers who had the purchased goods passes have been issued.

However conventional belt type automatic door size ratio is 1:4, height against the door width 4 times is a limit, there was no automatic door manufacturer to be able to cope in Japan.

Exceed this ratio(1:4) the balance should be bad and the door can not open and close. This time, the door size ratio was 1: 6.4 (width 500mm × height 3200mm),

Although this ratio, we solved this case to use Screw Force Engine with the adoption of linear motion system in the ceiling space. It has been achieved hanging barrier-free automatic door by attaching inside. This we were very pleased to Armani parties by correspondence.

Used System

Related Projects

<< BACK

NEXT >>